モンクレールのクリーニング

MONCLER(モンクレール)のクリーニングについてお調べですね?

モンクレールは高級なダウンですので、クリーニング店に持って行って失敗されて何度も購入したくはありませんよね。

でも、モンクレールはどこのクリーニング店に出せば良いのか迷ってしまうなんてことも・・・

初めにお伝えしておきますと、お住いの近所にあるクリーニング店にモンクレールを持っていくことはおすすめできません。

なぜなら、モンクレールを知らないで適切な洗い方をしてもらえない可能性や、高級すぎて断られる場合があるからです。

そこで、こちらでは、モンクレールを安心してお願いできる高品質なクリーニング店をご紹介いたします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

関連記事→ カナダグースのダウンを安心して出せるクリーニング店のご紹介

結論から!モンクレールのクリーニングはリナビスとキレイナがおすすめ

リナビスとキレイナの詳細

まずは、モンクレールをクリーニングに出すならどこがおすすめかをご紹介いたします。

それはリナビスとキレイナです。

リナビスをおすすめできるポイントは以下となっています

  • モンクレールに最適なクリーニング方法を行なっている
  • 適切な溶剤(洗剤を使っている)
  • 自然乾燥を行なっている
  • 料金が安くお得
  • 無料保管サービス付き

リナビス公式サイト:https://rinavis.com/

また、キレイナをおすすめできるポイントは以下となっています。

  • 水洗いでもモンクレールを傷むことなくの繊維までキレイにしてもらえる
  • 保温性が低下することなく仕上げてもらえる
  • 適切な修復技術がしっかりしており本来の色に戻してもらえる

キレイナ公式サイト:https://kileina.jp/

モンクレールに最適なクリーニング方法

モンクレールに最適なクリーニング方法というものがあります。

それは、たった以下の3つです。

  • ワインやジュースなどの水溶性の汚れを落とす
  • 撥水加工をすることで汚れにくくする
  • モンクレールに負担がない自然乾燥をする

1つ1つ見ていきましょう。

水溶性の汚れを落とすのが大切

モンクレールのクリーニングには水溶性の汚れを落とすのが大切なのはご存知でしょうか?

クリーニング方法には簡単に「ドライクリーニング」と「水洗い」があります。

モンクレールのクリーニングは水洗いはしない方が良い!?

モンクレールは基本的に水洗いできない物がほとんどですので、ドライクリーニングが最適なクリーニング方法となります。

ただし、ドライクリーニングでは、ダウンの中に入っている羽の油分がなくなる場合もあります。

そんな場合は、モンクレールのクリーニングに選ばれている、キレイナならダウンが傷むことなく水洗いでもしっかりと仕上げてもらえます。

→ キレイナを詳しくみてみる

上をクリックしていただきますと、ページ内のキレイナの詳細へ飛びます。

 

水洗いが嫌な場合はドライクリーニングと汗抜き加工が最適♩

でも、中には水洗いではない方法でクリーニングに出したい方もいらっしゃいますよね。

そんな場合は、「ドライクリーニング」と「汗抜き加工」をセットに行うのが最適なんです。

基本的に、汗抜き加工(ウェットクリーニング)は水洗いでしか落ちないダウンの中の汚れをドライクリーニングとセットで行うことで、汚れをキレイにできます。

初めにご紹介いたしました「リナビス」では、こちらの方法で衣類を1着1着丁寧に確認してもらえ、最適な洗い方をしてもらえます。

ドライクリーニングの基礎知識

ドライクリーニングは基本的に油性の汚れ(皮脂や食べ物の油など)しか落ちない溶剤(洗剤)を使いますので、水溶性の汚れを落とすことはできません。

ですので、汗抜き加工をセットで行うのがおすすめというわけです。

洗ったあとは撥水加工も大切

洗い方の説明をしましたが、モンクレールのダウンは撥水加工も大切なのはご存知でしょうか?

なぜなら、ダウンは冬にの短いシーズンに着るものですが、知らないうちに汚れていきます。

中の生地まで汚れを染み込むのを防ぐことができるから♩

しかし、水をはじく撥水加工をすることで、もし飲み物などを衣類にこぼしてしまっても、中の生地まで汚れを染み込むのをできる限り防ぐことができます。

ですので、モンクレールなどの高級な衣類はオプションであっても撥水加工はおすすめになります。

自然乾燥も大切

基本的にほとんどのクリーニング店では、乾燥機を使って衣類を乾燥させます。

乾燥機を使うとシミや変色する可能性があるから

乾燥機を使って乾かすということは、衣類に熱をあたえますので、シミになりやすくなってしまったり、変色してしまうこともあります。

大切なモンクレールがそうなってしまっては困りますよね。

そこで大切なのが自然乾燥なのです。自然乾燥はそれなりに大きなスペースが必要ですので、ご近所にある街のクリーニング店ではほとんど行なっていません。

でも、リナビスとキレイナなら自然乾燥を行なっているので安心してお願いできる♩

リナビスの自然乾燥をしている風景

しかし、リナビスとキレイナなら自然乾燥を行なっていますので、モンクレールを安心してお願いしていただけます。

また、リナビスは兵庫県の田舎に店舗があり、自然乾燥をする場所がとても広いのが特徴で、田舎に店舗があるために空気もキレイですので、乾燥中に汚れない安心感もあります。

一方、キレイナは専用の乾燥をする場所が用意してあり、タンブラーを使って乾燥するので、生乾き臭を防ぎ、ダウンのボリューム感を復元することもできます。

街のクリーニング店で自然乾燥をする場合なら、排気ガスなどのニオイが気になりますが、リナビスとキレイナならそんな心配もありません♩

そもそもモンクレールをクリーニングに出す頻度って?

そもそもモンクレールのダウンをクリーニングに出す頻度は、汚れ具合によりますが、年に1回〜2回程度がベストです。

もし、ニオイや汚れ具合が気になる場合は、その時にクリーニングにお願いするのもおすすめです。

※ダウンはクリーニングに出しすぎると生地が傷んでしまうこともありますので、十分気をつけてくださいね。

また、ダウンをクリーニングに出すタイミングは、保管する前にクリーニングに出すのがおすすめです。

では、次はクリーニング料金が気になるところですので、次は各店舗の料金を見ていきましょう。

モンクレールを出すのにおすすめのクリーニング店の料金

こちらでは、リナビスとキレイナのモンクレールのクリーニング料金をお伝えしていきます。

リナビス(保管料金無料)

クリーニング料金

リナビスでは、染み抜き、再仕上げが無料のクリーニング店です。

また、カナダグースをクリーニングに出した後には、最大9ヶ月間無料でダウンを保管してもらえるサービスなどもあります。

クリーニング料金は、5点コースなら何をお願いしても7,800円でクリーニングに出せ、1点あたりで1,560円でダウンをお願いできます。

後の4点は、ダウンでもコートでも同じ料金ですので、好きな組み合わせができます。

どこよりも安い料金でモンクレールをクリーニングに出したい方にはおすすめです。

リナビスは、時間がなくても宅配でダウンを取りに来てくれ、持って来てくれますので、店舗に行かなくても良いのも魅力です。

余った時間は好きなことに利用していただけます♩

リナビス公式サイト:https://rinavis.com/

キレイナ(とにかく高品質)

キレイナ

キレイナは、カモンクレールのクリーニング料金は7,000円と少し高めですが、以下の理由からおすすめです。

  • 1点1点写真をとってカルテを作って汚れや破損などの検品を丁寧にする
  • 1点1点個別に丁寧に手洗いする
  • 毎回新しい洗剤を使って洗ってもらえる
  • 水洗いができないモンクレールも特殊な水洗い方法でキレイにしてもらえる
  • タンブラーを使って自然乾燥をし生乾き臭を防ぎ風合いも復元できる

キレイナは本当に高品質なクリーニング店です。ここまで丁寧にダウンを洗ってもらえる店舗はそうはありません。

7,000円以上の利用で片道900円の送料がかかりますが、大切なモンクレールのダウンをクリーニングに出したい方に本当におすすめです

水洗いできないモンクレールをお願いされた方の口コミを見ていただきます。

キレイナの口コミ

神奈川県の女性の口コミ

独身時代に買った大事なダウンだったので、ネットで色々調べて、お客様の声で、信頼できる声が多く書かれていたキレイナさんにお願いいたしました。

Mailでのやり取りから梱包まで全てに丁寧で、想像以上の仕上がりで大変満足しております。

東京都の女性の口コミ

ダウンはそれほど汚れてないかなと思っていたのですが、ネイビーの色味が鮮やかに新品ののようになって戻ってきました。

とてもフカフカで軽くなったようにも感じます。梱包も丁寧で感動しました。

水洗いできないモンクレールですが、キレイナにお願いした方々がすごく満足しているのがわかりますね。

料金が安いだけでクリーニング店を選ぶ方もいらっしゃいますが、安さだけで店舗を選ぶのではなく品質でクリーニング店を選ぶことをおすすめいたします。

キレイナ公式サイト:https://kileina.jp/

他社とクリーニング料金を比較

こちらでは、モンクレールのクリーニングを出したい方がよく調べている白洋舎との料金を比較していきます。

リナビス キレイナ 白洋舎
クリーニング料金 5点7,800円
(1点あたり1,560円)
ダウンジャケット:7,000円
ダウンコート:8,500円
ダウンジャケット:4,200円
ダウンコート:7,300円
撥水加工 1,580円 2,000円 オリジナル料金の50%増し
汗抜き加工 540円 水洗いなので必要なし

白洋舎ではダウンコートなら7,300円ですので、5点何を出しても7,800円のリナビスの方がお得なのがわかりますね。

また、キレイナは少し料金が高いですが、モンクレールの他にカナダグース、シャネルやエルメスなどの高級ブランドのクリーニングにも対応しています。

キレイナは本当におすすめのクリーニング店です。

また、リナビスとキレイナならモンクレールに最適なクリーニング、自然乾燥を行なっていますので、安心して利用できますね。

リナビス公式サイト:https://rinavis.com/

キレイナ公式サイト:https://kileina.jp/

まとめ

モンクレールのクリーニングについてお伝えしました。

モンクレールは高級ダウンですので、最適な洗い方や仕上げ方を行なっているクリーニング店にお願いするのがおすすめです。

その中でも、「リナビス公式」となら溶剤がしっかり管理されている、自然乾燥を行なっているので、カナダグースを出すには最適な店舗です。

また「キレイナ」なら水洗いでも仕上げてもらえ、急速な自然乾燥で風合いを復元してもらえ、適切な修復技術がしっかりしており本来の色に戻してもらえるのでおすすめです。

ぜひ、安心できるリナビスとキレイナを試してくださいね。

リナビス公式サイト:https://rinavis.com/

キレイナ公式サイト:https://kileina.jp/