こちらでお伝えします内容は以下となっています。

  • スーツのクリーニング頻度
  • クリーニング料金
  • クリーニングの期間
  • クリーニングに出す前の注意点
  • 自宅でケアする方法、保管方法など

ぜひ、ご覧になって大切なスーツを少しでも長く着てくださいね。

スーツをクリーニングに出す頻度は?

スーツをクリーニングに出す頻度からお伝えしていきます。

夏は2週間に1回、冬は1シーズンに1回程度がおすすめ

  • 夏は2週間に1回、冬は1シーズンに1回程度がおすすめ

スーツをクリーニングに出す頻度や基準は、基本的に汗の量がポイントになります。

夏などの汗をたくさんかく時期やいつも汗をたくさんかく人は、ニオイが気になりますよね。

そんな夏の時期は2週間に1回くらいがベストになります。

また、冬などの汗をあまりかかない時期は、1シーズンに1回くらいの頻度でクリーニングに出すのがおすすめです。

ケアをしているか、してないかでも変わる

ただし、クリーニングに出す頻度は、スーツにブラッシングやケアをしてる場合です。

もし、ケアをしていない場合は、もう少しクリーニングに出す頻度を増やすのがおすすめです。

濡れた場合は早めがおすすめ

雨や雪、飲み物でスーツが濡れることってありませんか。そんな濡れてしまったスーツは、カビが生える可能性があります。

ですので、早めにクリーニングに出すのがおすすめで、ドライクリーニングでお願いするようにしましょう。

綿や麻の場合は定期的に

綿や麻の場合は、汗で変色がしやすいので、定期的にクリーニングに出すようにしましょう。

また、汗のかきやすい時期は、長い期間放置しないなどもおすすめです。

スーツのクリーニングの料金は?

スーツのクリーニングの料金は3社でみていきます。

有名店は1,000円〜1,900円程度

有名店のスーツのクリーニング料金を以下に集めてみました。

  • 白洋舎:スーツ上下1,900円
  • ホワイト急便:スーツ上下1,000円前後(東京都)
  • ポニークリーニング:スーツ上下1,160円

安くても1,000円前後、高くて1,900円程度となっていますね。

安く出したいならここがおすすめ

スーツのクリーニングはリネットがおすすめ

スーツのクリーニング料金は高いと思いましたか?安いと思いましたか?

これからご紹介しますクリーニング店は「リネット」です。

初回50%OFFと安く使うことができ、スーツ上下とワイシャツやネクタイを出しても安く使えおすすめです。

料金表

  • スーツ上(ジャケット):475円
  • スーツ下(パンツ):330円
  • スーツ上下で805円

リネットは、スーツ上下で805円と安くクリーニングに出すことができます。

また、あると嬉しいオプションも無料ですので、追加料金はかかりません。

また、宅配専門のクリーニング店なので並ぶ必要もなく、取りに行く必要もなく好きなことに時間を使えますよ。

初回50%OFFのリネットをみてみる

スーツのクリーニングの期間は?

店舗と宅配で様々

スーツのクリーニングの期間は以下となっています。

  • 店舗クリーニングで約2〜3日
  • 宅配クリーニングで約5〜7日

店舗クリーニングは、約2日〜3日程度かかりますが、急いでいる場合は「当日仕上げ対応」の店舗に持って行くことで、夕方くらいには仕上げてもらうこともできますね。

先ほどご紹介しました、白洋舎やホワイト急便なら店舗によっては「当日仕上げ」に対応している場合もあります。

また、先ほどご紹介しました宅配クリーニングのリネットでは、最短2日で仕上げてもらえますので持って行く時間がない方には最適です。

スーツをクリーニングに出す時に気をつける3つのポイント

スーツをクリーニングに出す時に気をつけるポイントは以下の3つです。

  • 必ず上下セットで出す
  • ポケットの中身をチェックする
  • シミや傷がないかを事前に確認しておく

必ず上下セットで出す

スーツをクリーニングに出す時に気をつけておくことは、必ず上下セットで出すのがおすすめです。

なぜなら、クリーニング店でも家庭で洗濯をする時と同じで、スーツを洗って乾燥をする時に上下別々に出すと、色合いや風合いに変化がある場合があるからです。

ですので、必ずセットでクリーニングに出すようにしてくださいね。

ポケットの中身をチェックする

スーツをクリーニングに出す時には、ポケットの中を必ず確認しておくのもおすすめです。

もし、スーツの中に紙やぺんなどが入っていたとすれば、クリーニング中にスーツが汚れてしまいます。

クリーニング店では、もちろんポケットの中のチェックをしてもらえますが、店員の方がチェックを忘れてり、行き届かない場合もないとは言えません。

ですので、クリーニング前にはポケットの中を確認するのがおすすめです。

シミや傷がないかを事前に確認しておく

また、クリーニング前には、シミや傷がないかを事前に確認しておくのもおすすめです。

なぜなら、店舗によってはシミ抜きが別料金になる場合があります。

クリーニングが終わってから料金が高くなってしまって困らないように、事前に確認しておくことで安心してスーツを出すことができますね。

スーツを自宅でケアする2つの方法

スーツを自宅でケアする2つの方法は以下となっています。

  • 脱いだらすぐにハンガーにかける
  • ブラッシングをする

脱いだらすぐにハンガーにかける

スーツは、シワになるとすぐには元に戻りにくいですので、スーツを脱いだ後はすぐにハンガーにかけることがおすすめです。

そうすることで、少しでもシワになりにくくすることができます。

ブラッシングをする

スーツは一度脱いだあとは、ブラッシングをしてホコリ、食べ物のカスなどを取っておき、風通しの良い場所で保存するのがおすすめです。

その際には、スーツが変色したりカビが発生したりしないように、日光に当てて干さないようにしてくださいね。

また、ズボンのラインが取れる心配があるので、湿気の多いところで保管しないのもおすすめです。

ウールや毛素材の場合はより効果的

ウールや毛素材の場合は、ブラッシングをしてホコリや食べこぼしを取っておくことで、テカリを抑える効果があります。

自然な素材感を保つためにはブラッシングは特に重要になりますね。

スーツをクリーニングに出す時のおすすめのオプションは?

スーツクリーニングに出す時のおすすめのオプションは2つです。

撥水加工がおすすめ

クリーニングに出す時におすすめのオプションは「撥水加工」です。

撥水加工は、毛や綿、麻、ポリエステルなどの素材に関わらず、雨や雪、食べこぼしから生地を守ってくれる効果があります。

また、花粉などからも守ってくれるので、春先にもぴったりの加工です。

ぜひ、気になる方は一度試してみてくださいね。

長期保管はウエット加工がおすすめ

スーツをクリーニングに出して、もしシミが残っていると虫食いやカビの原因になります。

スーツを保管する前にクリーニングに出す場合は、汗や飲み物、雨の汚れも落ちやすい「ウエット加工」がおすすめです。

また、ウエット加工ではカビ、虫食いを防ぐ効果もありますので、長期間保管したい場合にはあると嬉しいオプションです。

クリーニング後のスーツの保管は?

クリーニング後のスーツの保管についてです。

クリーニングに出したスーツはすぐに保管

クリーニングに出したスーツは、戻って来た時の包装はすぐに取っておくのがポイントです。

また、ハンガーのサイズがスーツに合っていない場合は、スーツのサイズにあったハンガーに変更するとシワを防ぐこともできます。

また、スーツをすぐ着ないのであれば、なるべくすぐに保管するようにして、保管期間のクローゼットは定期的に換気するのがおすすめです。

 

まとめ

こちらでは以下の内容をお伝えいたしました。

  • スーツのクリーニング頻度
  • クリーニング料金
  • クリーニングの期間
  • クリーニングに出す前の注意点
  • 自宅でケアする方法、保管方法など

ぜひ、大切なスーツを少しでも長く着てくださいね。