Pocket

セーターのクリーニング、頻度、料金相場などセーターをクリーニングに出そうかお考えですか。

セーターにはクリーニングに出せるのもや、そうでないものがあり間違って洗濯してしまうと、生地が縮んだり傷んでしまったりしてしまいます。

そうならないように、こちらでは様々なセーターに関する情報をお伝えしていきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。

セーターはクリーニングに出すべき?

セーターは、クリーニングに出せるものと出せないもの2種類があります。

しかし、天然繊維100%のウールやカシミヤ、アンゴラ素材のセーターは、水に弱いので自宅で洗濯するには向いていません。

なぜなら、繊維同士が絡まって縮みやすく、乾かす時に型崩れが起きてしまうからです。

ですので、今お伝えしました素材のセーターはクリーニングに出すのがおすすめです。

また、クリーニング店ではドライクリーニングをして洗ってもらえますので、水を使わずに溶剤を使ってセーターを傷きにくくキレイにしてもらえます。

クリーニングに出すべきセーターの基準は?

セータークリーニングの洗濯表示(水洗い不可)

クリーニングに出すべきセーターの基準は、洗濯表示が「水洗い不可」のものです。

それ以外のセーターなら家庭でも洗濯できますが、水洗い不可ではないセーターでも風合いを保ちたい場合はクリーニングに出すのがおすすめです。

また、買いたてのセーターや高価なセーターは、クリーニングに出すなどの基準を作るのも1つですね。

どのくらいの頻度でセーターをクリーニングに出すのがおすすめ?

セーターのクリーニング頻度は1シーズンに1回か2回程度がおすすめです。

普段よく着るセーターは「シーズン期間に1回」セーターを着る季節が終わってから保管する前にもう1回といった頻度が一番ベストです。

もし、そんなにセーターを着る機会がないのであれば、保管前に1回程度でも大丈夫です。

また、頻繁にセーターを着る場合は、1〜2週間に一回程度はクリーニングに出すと汚れやニオイを防ぐこともできます。

セーターのクリーニング料金は?

セーターのクリーニング料金は以下となっています。

だいたい500円前後が相場

クリーニング店でセータをお願いする時の料金は、店舗によって様々ですがだいたい「500円前後」が相場です。

たくさんのセーターを出したい場合は、セールを行なっている時期などに持って行くことで料金を少しでも節約することができますね。

また、セールを待たずに安く出したい場合は、以下のクリーニング店なら初回50%OFFの295円で何点でも出すことができます。

→ 初回50%OFFのリネットをみる

セーターはどのようにクリーニングされるのか?

セーターのクリーニング方法

セーターのクリーニングは以下のようにおこなわれています。

  • セーターの汚れ具合を確認して洗い方を決める
  • セーター専用の洗剤でドライクリーニングして洗う
  • シミがあればシミ抜きをする
  • 専用のアイロンやスチームを使って形や縮みをなおす
  • 最終チェック
  • お渡し

セーターを出すなら高品質なクリーニング店がおすすめですね。

セーターを保管するときの注意点は?

セーターを保管する時は、クリーニング店から返ってきた時に付いてくるビニール袋をセーターから外しておく

あとは以下のことに注意してくださいね。

  • クローゼットまたはタンスに防虫剤を入れておく
  • セーターをたたんで引き出しに保管する

そうすることで、次のシーズンも良い状態を保ったままセーターを着ることができますよ。

自宅でセーターをクリーニングする方法

自宅でセーターをクリーニングする方法は以下となっています。

まずは洗濯表示の確認

自宅では、ドライクリーニングをすることはできませんが、以下の洗濯表示のあるセーターなら自分でクリーニングすることが可能です。

  • 手洗い可
  • 洗濯機洗い可

その次は、汚れが目立つ部分を外側に来るようにセーターをたたんで、洗濯ネットに入れて洗濯機に入れます。

洗濯洗剤は、中性洗剤(エマールなど)がおすすめです。また、柔軟剤を入れても大丈夫です。

洗濯コースを選ぶ

洗濯コースは以下がおすすめです。

  • ドライコース
  • 手洗いコース

もし、上のコースがない場合は、セーターを優しく洗えるコースを選ぶようにしてくださいね。

干し方は平干しがおすすめ

洗い終わったセーターは、水を含んでいるので重さで生地が伸びやすくなっています。

ですので、ハンガーにはかけず「平干し専用のネット」などを使って干すのがおすすめです。

詳しくは、「セーターの詳しい洗い方」をご覧くださいね。

クリーニングをしてセーターに毛玉がついた場合は?

セーターは何回も着たり洗濯をすると、摩擦がおきて毛玉がついてしまいます。

特に以下は毛玉ができやすい素材です。

  • アクリル
  • ポリエステル
  • ウール、カシミヤ
  • アンゴラなど

毛玉取りはしない方が良い

毛玉取りは、生地を減らしていきますので、何度もすると生地が痩せてしまい寿命が縮まりますのでおすすめできません。

対策としては、毛玉をなるべく作らないことです。

専用ブラシを使うと毛玉ができなくなる

毛玉ができやすいセーターは着た後に、専用のブラシなどで繊維を整えておくことで、毛玉ができにくくなります。

ブラッシングは、なるべく力を入れすぎないで、一定の方向でするのがおすすめです。

もし、毛玉ができてしまった場合は、クリーニング店に出すと「毛玉取り料金」が数百円かかりますので、気をつけてくださいね。

まとめ

セーターのクリーニング頻度や料金、クリーニングに出すべきセーターの種類などをお伝えしました。

大事なセーターはなるべくクリーニング店にお願いすることで、ドライクリーニングしてもらえますので、長い期間大切に着ることができます。

もし、信頼できるクリーニング店がお近くにない場合は、「リネット」なら高品質で毛玉取りが無料、料金が格安と安心してセーターをお願いできおすすめです。

→ 初回50%OFFのリネットをみる