こちらでは、以下情報をお伝えしていきます。

  • ワイシャツのクリーニングの頻度
  • ワイシャツをクリーニングに持って行くときの注意点
  • ワイシャツをクリーニングに出す前に前に確認しておく事
  • ワイシャツのクリーニング料金の相場

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ワイシャツに最適なクリーニングに出す頻度

ワイシャツに最適なクリーニングに出す頻度はこうなっています。

  • 通常は1週間か1シーズンがベスト
  • 保管をしたい場合もオススメ

通常は1週間か1シーズンがベスト

ワイシャツをクリーニングに出すのは、1週間に一回程度か、ワンシーズンに一回がオススメです。

なせなら、ワイシャツをクリーニングに出すと、汚れが落ちやすい40度から70度の高温で洗濯をしてシワを伸ばすので生地が縮みやすくなるからです。

ワイシャツをたくさんお持ちのないか方はクリーニングに出す頻度を気をつけてくださいね。

もし、あまりワイシャツをクリーニングに出したくないかたは、常に5枚〜10枚程度は持っておくのがオススメです。

保管したい場合もクリーニングに出すのがオススメ

また、ワイシャツをたまに切る方、シーズンでワイシャツを分けて着ている方は、シーズンが終わってしまうとタンスに保管しますよね。

そんな、場合もクリーニングに出すのがオススメです。

先ほどお伝えしましたように、クリーニング店では、40度から70度の高温で洗いますので、殺菌効果や、ワイシャツの型崩れがしにくくなるからです。

次では、ワイシャツがどのようにクリーニングされているか、クリーニングに出す前にやっておいた方が良い事などお伝えしますので、ぜひ、見てくださいね。

ワイシャツはどうやってクリーニングされているの?

ワイシャツのクリーニング方法は大きく分けて2つあります。

  • ドラム式の洗濯機で洗う
  • プレス機で仕上げる

ドラム式の洗濯機で洗って汚れを落とす

ドラム式の洗濯機でワイシャツを洗う場合には、クリーニング店専用の洗剤を使って高温で洗うので、汚れが落ちるのが特徴です。

シワにならないようにプレス機で仕上げる

また、洗った後にワイシャツが濡れている状態で、高温でプレスしますので、殺菌効果、シワが伸びやすくなるといったメリットがあります。

プレス機は、クリーニング店によって様々ですが、マネキンにワイシャツを着せてシワを伸ばしたり、部分、部分を伸ばしたりしていきます。

最近では、全てて仕上げで行なっているクリーニング店もあります。

大切にしているワイシャツなら、そういった店舗にお願いする方が安心ですね。

仕上げた後は汚れないように包装するのが一般的

最後は、キレイになったワイシャツが汚れないように、シワをとった後は、透明なビニールなどの見えやすい袋で包装します。

ワイシャツをクリーニング店に持って行くときの2つの注意点

  • 素材によっては水洗いができない
  • 色付きのワイシャツは料金が高くなる場合がある

①素材によっては水洗いができない

ワイシャツには、大きく分けて4つの素材があります。

  • 綿
  • ポリエステル
  • レーヨン

綿やポリエステル、レーヨンをクリーニング店にお願いしたい場合は特に気する事はありません。

しかし、レーヨンは水洗いができなく、シワがつきやすくなるといった問題があります。

②色付きのワイシャツは料金が高くなる場合がある

また、ワイシャツの中には、色が付いているものもありますよね。

そんな、色がついたワイシャツは、クリーニング店に断られる場合があるのです。

それは、ワイシャツのほとんどが白のである事が多いですよね。また、クリーニング店では、そんな白いワイシャツを大量に洗います。

ですので、色がついたワイシャツは、単品で洗う店舗もあり料金が高くなってします場合があります。

もし、色物のワイシャツをクリーニングに出したい場合は、クリーニング店に問い合わせてからの方が良さそうですね。

また、カジュアルシャツ、オープンシャツ、をお持ちの方も注意してくださいね。

ワイシャツをクリーニング店に持っていく前に必ず確認しておく事

ワイシャツをクリーニング店に持って行く前には必ず確認しておかないといけない事があります。

  • 取り扱い表示の確認
  • ワイシャツの黄ばみの確認

取り扱い表示の確認

洗濯表示
クリーニング店によっては、ワイシャツにとって最適な方法で洗ってくれるお店ばかりではありません。

ですので、ワイシャツの首あたりについている「取り扱い表示」の確認を、必ずしておく必要があります。

確認するポイントは以下の簡単な2つだけです。

  • 水洗いができるか
  • アイロンがけができるか

もし、こういった確認が面倒な方は、信頼できるクリーニング店にワイシャツをお願いするのがオススメです。

クリーニングに出す前にワイシャツに黄ばみがないか確認をしておく

ワイシャツをクリーニング店に持って行く前には黄ばみがないかを確認しておくいつようがあります。

なぜなら、ワイシャツは季節によって、皮脂や汗などがたくさん付着しています。

また、付着した汚れを放置しておきますと、クリーニング店にお願いをしても汚れが落ちにくくなってしますからです。

ですので、余計なお金を払わなくてもいいように、黄ばみやシミが少しでもついていれば、自宅で洗っておくのがオススメです。

もし、落ちなかったシミがある場合には店舗に事前に伝えておきましょう。

また、ポケットに何か入っていないか、大事なボタンのほつれがないか、などの確認をしておくのもオススメですよ。

ワイシャツをクリーニング店にお願いする時は目的に合った出しかたがオススメ

ワイシャツのクリーニングは2つから選べる場合があります。

  • 1、たたみ仕上げ
  • 2、吊るし仕上げ

たたみ仕上げは、文字通り、たたんで仕上げてくれる方法で、移動時に持ち運びたい、少し保管しときたい時にオススメです。

また、吊るし仕上げは、ハンガーにかけた方法で仕上げてもらえますので、シワを気にしたくない、すぐに着たい、そんな方に最適です。

ワイシャツのクリーニング後の保管方法

ワイシャツがクリーニングから戻ってきた後は、必ずビニール袋などで包装されています。

また、長期保存したい方は、空気が通る通気孔があるかを、確認しておく必要があります。

それは、そのまま保存してしまうと、ニオイ、カビ、黄ばみや変色、痛みの原因になる場合があるからです。

もし、空気孔がない場合は、必ずワイシャツを袋から出して収納するのことで、再度クリーニングに出す手間を省けますよ。

ワイシャツのクリーニング料金の相場を確認

こちらでは、ワイシャツのクリーニング料金をお伝えしていきます。

ワイシャツを出すのにオススメの全国店舗のクリーニング店3社

料金 仕上がり日数
リネット 145円 最短2日
白洋舎 350円 店舗によっては即日あり
ホワイト急便 150円程度 店舗によっては即日あり

こちらでは、全国でチェーン展開している「白洋舎」と「ホワイト急便」

宅配クリーニングで有名な「リネット」の3つでワイシャツの料金を記載いています。

その中でも、お近くに店舗があって、当日仕上げのクリーニング店をお探しの方は「白洋舎」か「ホワイト急便」を利用するのも良いかもしれませんね。

ただし、ホワイト急便は、店舗によって料金が高くなる可能性がありますので、店舗に問い合わせてからの方が良さそうです。

また、時間があって安い店舗を利用したい方には、「リネット」が最適ですね。

リネットは、宅配専門のクリーニング店で、全国どこからでも利用できるので、お近くに店舗がない方にも最適ですよ。

また、お店に行く時間がない方や、並ぶのが面倒な方にもぴったりですよ。

今までのクリーニング店では満足できなかったあなたにおすすめの店舗

安いクリーニング店に出したいですか?

それとも品質を求めてクリーニング店を選びたいですか?

安いだけで利用してみると、シミができていたり衣類が縮んでいたり嫌な臭いが付いていたり満足できなかったなんてことはありませんか。

私は、実際にいろいろな衣類をお願いして、満足できるクリーニング店は、あまりありませんでした。

じゃ、高品質と言われているクリーニング店に、依頼してみようと考えましたが、料金が高いので出す気になれませんでした

そこで、たくさん調べて知ったのが安くて高品質なリネットとリナビスです。

しかも、宅配で出せて、戻って来るときには、シワにならないように梱包してくれているので、衣類を大切にしてくれているのがわかりました。

それからは、何回も利用しています。

リネット(50%OFFで送料無料)

大阪利用できるクリーニング店のリネット
リネットは、プレミアム会員になるとクリーニング代金を初回は50%OFFで安く出すことができます。

しかも、プレミアム会員は3ヶ月間無料(いつでも解約できる)で、毛玉取りや毛とりも無料です。

また、衣類は最短当日に出せ、早く届けてもらえます。

もし、出した衣類の仕上がりが、気に入らない場合には、無料で再仕上げしてもらえるサービスも付いているので安心して出すことができます。

リネットのクリーニング料金

以下は、50%OFFになった一部のクリーニング料金です。

  • ワイシャツつるしで290円が145円
  • スーツ上下で1,610円が805円
  • ワンピースで1,230円が615円
  • コートやハーフコートで1,900円が950円
  • ダウンジャケットで2,850円が1,425円
  • カーディガン780円が380円
  • ブラウス(つるし)で550円が275円

いかがですか、クリーニング料金が安くありませんか?

2回目でも30%OFFに

しかも、クリーニングが終わった後でも、30%OFFのクーポンが届き2回目以降も安く利用する事ができます。

日時を選んで衣類を箱に詰めるだけ

申し込みは、衣類を出す日と時間を選ぶことができ、衣類を入れる無料の専用箱を、宅配業者さんが持って来てくれて、出したい衣類を詰めるだけです。

また、衣類を受け取る日や時間も選べ、外に一歩も出ずにクリーニングに出すことができ、好きなことに時間を使っていただけます。

ぜひ、一度リネットのサイトをみてください。

\限定キャンペーンサイトにリンクしています/

初回50%のキャンペーンサイトをみる

リナビス(保管料金が無料で冬物衣類を何点でも同じ料金)

大阪からおすすめの宅配クリーニングのリナビス

クリーニング店に行って「毛玉取り」や「シミ抜き」などのオプションをつけてお願いしたら料金が高くなってしまったことはありませんか。

そんな、有料なオプションや衣類の保管が無料でしてもらえる宅配クリーニング店がリナビスです。

リナビスは、クリーニングに出した衣類に、もっとも最適な洗濯方法を職人の方が選んでくれ、自然乾燥を行うことで生地を傷めることなく仕上げてもらえます

お届けまでにお時間は少しかかりますが、モンクレールなどの高級ダウンなどを出す方も多いくらい高品質なクリーニング店です

大切な衣類の生地を傷めることなく、大切ない衣類をお願いしたい人にはぴったりです。

リナビスのクリーニング料金

大阪でオススメの宅配クリーニングのリナビス

リナビスでは、夏物衣類でも冬物衣類でも、同じ料金でクリーニングに出すことができます

例えば、こんな出し方も大丈夫です。

  • コートを5点
  • ダウンジャケットを5点
  • 高級品の上着を5点

そんな出し方をしてもお値段は同じなので、どこのクリーニング店よりもお得です。

無料で衣類を保管してくれて、送料が無料でお願いできるクリーニング店はリナビスだけです

リナビスの公式サイトをみる

ぜひ、ご家族の多い方で、冬物の衣類をたくさん出したい人は、高品質なリナビスを一度利用してみてくださいね。